トップ > 大学情報 > 教育情報の公開 > 沿革・機構

沿革・機構

沿革

 名寄市立大学は日本最北の公立大学です。市立名寄短期大学(1960年開学)を改組し、2006年に保健福祉学部(栄養学科、看護学科、社会福祉学科)を開設しました。

 本学はこれまで、道北地域における人々の生活を豊かにするための文化や情報の発信基地としての役割を果たしてきました。都会での大規模校にはみられないような、信頼関係に基づく家庭的で自由な学風が確立されています。今では北海道のみならず全国から学生が集まり、勉学に励んでいます。

 名寄市立大学保健福祉学部の開設にともない、市立名寄短期大学生活科学科児童専攻は「名寄市立大学短期大学部児童学科」に名称変更し、学生募集を継続しています。

1960 名寄女子短期大学 開学
1961 栄養士養成施設として認可
1981 栄養、家政の2専攻課程を設置
1982 道北地域研究所を付設
1984 児童専攻課程を設置
1990 市立名寄短期大学に名称変更、男女共学化
1994 看護学科を設置、保育士養成施設として認可
1995 学生寮を設置
2006 名寄市立大学 開学、市立名寄短期大学生活科学科児童専攻を児童学科に名称変更
2008 市立名寄短期大学を名寄市立大学短期大学部に名称変更

機構

※下記の機構図をクリックすることで、PDF形式で表示できます。 

機構
お知らせ