トップ > 入試案内 > 入学試験FAQ

入学試験FAQ

推薦入試で特に重視されることは何ですか?

 推薦入試では、調査書・小論文・個人面接の評価を点数化した上で総合的に合否判定します。調査書150点、小論文300点、個人面接150点の配点割合にみるように、本学では特に小論文を重視しています。小論文は、理解力・論理的思考力・コミュニケーション(表現)能力などをみる指標と考えるからです。小論文評価の観点は、ホームページの過去入試データ・問題をご覧ください。

道外からは受験できない、一つの高校から一人に限るなど、推薦入試には何か制限がありますか?

 ありません。評定値平均3.5以上で学校長の推薦がある現役生ならば誰でも受験できます。ただし、募集人員の一部に地域指定枠があります(名寄市と周辺市町村の高校を対象)。詳しくはホームページの入学者選抜要項をご覧ください。

一般入試の合格ラインは?

 学科によって、また、年度によっても違いますから一概にはいえません。保健福祉学部の一般入試では、センター試験と2次試験(小論文・個人面接)の総合点で判定されます。過去入試では、センター試験の得点率が70%でも2次試験の成績が振るわず不合格、50数%でも2次試験で大逆転して合格というケースもあります。過去入試の合格得点率は、ホームページの過去入試データ・問題をご覧ください。

過去問題を知りたいのですが?

 過去3年分の小論文問題を公開しています。ホームページの入試過去問題をご覧ください。

名寄会場で受験する時やオープンキャンパスに参加する時の宿泊施設は?

 ホームページのアクセスをご覧ください。名寄市にある宿泊施設情報にリンクできます。

看護学科で保健師・助産師の資格を取得できますか?

 保健師については本学で取得できます。ただし、1学年で保健師課程を履修できる人数は制限されます(おおむね15名以内)ので、保健師国家試験受験資格の取得を希望する人は、入学後希望調査を行い、選抜を受ける必要があります。
 助産師については本学ではできません。取得するには卒業後に助産師養成課程のある教育機関に進学する必要があります。なお、取得できるとする大学でも実際に取得できる者は限られています。実習病院の分娩数などから、履修できる人数に制限があるからです。