トップ > 大学情報 > 教育情報の公開 > 教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教養教育

 各学科における専門科目群の基礎となる科目を幅広く学ぶことにより、多面的理解を促し、複眼的視野を養う。

栄養学科

 専門基礎分野、専門分野および連携教育に関わる科目を幅広く学ぶことにより、管理栄養士に求められる専門知識と技術を体系的・段階的に修得し、人への栄養と食を対象とする幅広い領域において他の職種と連携・協働して包括的な支援サービスに貢献できる人材を育成する。

看護学科

 専門基礎分野、専門分野および連携教育に関わる科目を幅広く学ぶとともに、臨地実習を通して確実な実践力を身につけることにより、対象となる人びとの健康の回復、保持・増進、疾病の予防および生活支援を主体的に実践できる人材を育成する。

社会福祉学科

 専門基礎分野、専門分野および連携教育に関わる科目を幅広く学ぶことにより、生活主体者としての人間の尊厳と社会を深く理解し、さまざまな生活上の困難を抱えた一人ひとりを支援できる知識と技術力を高め、福祉社会の発展に寄与する人材を育成する。

社会保育学科

 専門基礎分野、専門分野および連携教育に関わる科目を幅広く学ぶことより、保育の専門家として、子ども理解を深めるとともに子どもとその養育者をとりまく社会の動向を把握し、他の諸機関と連携しながら必要な支援を構築する能力や支援方法の技術を身につけた人材を育成する。