トップ > 附属機関 > 保健福祉センター > 感染症対策

感染症対策

 本学では、学生・教職員の皆さんが学内、あるいは学外での実習時に感染症による健康被害を受ける、または周囲に与えることを防ぐため、毎年4月の定期健康診断にて以下の検査を行っています。

抗体価等検査
感染症名 検査法 対象・検査時期 基準値
麻疹
(はしか)
EIA 1年生4月に全員
3年生4月に全員
-:<4 ±:<16 +:≧16
風疹
(三日はしか)
HI 1年生4月に全員
3年生4月に全員
-:<8 ±:<32 +:≧32
水痘
(水ぼうそう)
EIA 1年生4月に全員
3年生4月に全員
-:<2 ±:<4 +:≧4
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ、ムンプス)
EIA 1年生4月に全員
3年生4月に全員
-:<2 ±:<4 +:≧4
B型肝炎
(HbS Ag、HbS Ab)
EIA 1年生4月に全員
3年生4月に全員
HbS Ag -:<8 +:≧8
HbS Ab -:<4 +:≧4
C型肝炎(HCV Ab) CLEIA 1年生4月に看護学科 -:<1 +:≧1
結核 IGRA 1年生4月に全員 陰性/判定保留/陽性(精密検査)
胸部レントゲン 1年生4月に全員
4年生4月に全員
異常なし/あり(精密検査)

・基準値は日本環境感染学会が2014年に公表した「院内感染対策としてのワクチンガイドライン 第2版」に従っています。
・検査結果は検査後2か月以内にお返しします。
・1年生の時の検査で麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎、B型肝炎HbS Abが-、±の場合は予防接種を勧めています。予防接種を受けたときには医療機関で確認書を書いてもらって、健康サポート室に提出してください。助成金を受けることができます。
・麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎の予防接種は、全て生ワクチンなので、異なるワクチンを接種するには、最低4週間間隔をあけてください。なお、麻疹と風疹はMRワクチンで、同時に接種できます。
・B型肝炎ワクチンは、1回目、1か月後、6か月後とスケジュールに従い、3回接種します。
インフルエンザワクチンもお勧めしますが、不活化ワクチンなので、他の予防接種は1週間たったら受けることができます。毎年11月までに受けましょう。ただし、助成金対象ではありません。
・3年生の4月に確認の検査をします。予防接種は2年生の2月までに全て終わらせてください(3年生の4月に正確な抗体価を得るため)。「抗体検査・予防接種・結核検査証明書」を提出し、必要な予防接種が全て終わっていることを証明しなければ、受け入れてくれない実習先もあります。
確認書用紙をなくしたときは、ここからダウンロードして該当する用紙を医療機関に持っていってください。
・また、自分でも記録をつけて、どこまで受けたかわかるようにしておきましょう。記録用紙はここから
・学外実習などで、「抗体検査・予防接種・結核検査証明書」が必要なときは健康サポート室に相談してください。

1年生 2年生 3年生 4年生
抗体価検査(採血) 4月 4月
 生ワクチン接種
 (麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎)
ワクチン接種期間
各接種は4週間空ける →2月
 不活化ワクチン(B型肝炎) ワクチン接種期間
1回目、1か月後、6か月後 →2月
胸部レントゲン検査 4月 4月

B型肝炎ワクチン接種のスケジュール
 B型肝炎のワクチンは全部で3回、約半年かかります。1回目の後、4週間後に2回目、2回目の後20~24週間あけて3回目を接種するのが原則です。
 もしB型肝炎のワクチンをスケジュールどおり受けることを忘れたときは・・・
① 2回目が遅れたことに気付いた場合は、2回目をなるべく早く接種し、2回目の後20~24週間あけて3回目を接種してください。
② 3回目が遅れたことに気付いた場合は、2回目から20~24週間以上の間隔があいていることを確認し、3回目をなるべく早く接種してください。
③ 少なくても1回目は受けた記憶があるが、2回目を受けたか記憶がない場合は、2回目としてなるべく早く接種し、2回目の後20~24週間あけて3回目を接種してください。

学校感染症対策
インフルエンザ、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎、感染性胃腸炎あるいは流行性嘔吐下痢症(ノロウイルスなど)、マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症、その他の感染症にかかった場合は、一定期間、大学に登校できないことがあります。
発熱、咳、下痢などの感染症の症状で、医療機関を受診したときは、診断した医師から「正確な病名」と「登校できない期間」を聞いて、大学事務局に電話で連絡し、指示に従ってください。
学校感染症の種類と出席停止期間はここから