トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会保育学科 > 三井 登

三井 登

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 三井 登(みつい のぼる)
所属・職位 保健福祉学部社会保育学科/短期大学部児童学科
准教授
最終学歴 北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学
学位 修士(教育学)(北海道大学)
免許・資格 高等学校教諭1種免許(保健体育)、中等学校教諭1種免許(保健体育)、中等学校教諭2種免許(社会)、
小学校教諭1種免許
連絡先 TEL:01654-2-4194(内線3311)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: mitsui@nayoro.ac.jpg(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地: 本館3階
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 体育史、教育史、教育学
主な担当科目 体育、健康、実習指導、総合演習、自然保育実践演習
主な研究テーマ 1.15年戦争下における学校衛生制度史
2.体育遊びの指導法
3.子育て支援
研究キーワード 1.健兵健民政策、養護訓導、結核
2.運動文化
3.専門性
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 三井登、結核感染児童の増加と予防対策:都市小児結核予防所設置(1939年)を中心
 として、体育学研究、2006年、第51巻第5号、623-633頁
2. 三井登、寄生虫病児童の増加と予防対策(1931-1943年)―地域の保健衛生対策に
 果たした小学校の役割―、釧路短期大学紀要、2008年、第35号、25-34頁
3. 三井登、地域子育て支援センターの意義と課題―支援者による利用者との関係性の構築を
 中心に―、帯広大谷短期大学紀要、2010年、第47号、21-30頁
4. 三井登、養護訓導の制度化に関する試論、帯広大谷短期大学紀要、2012年、第49号、
 51-62頁
5. 三井登、幼児期における運動技術の系統的指導に基づく遊びの方法、帯広大谷短期大学
 紀要、2013年、第50号、117-125頁
外部獲得資金
(最近5年間)
科研費基盤研究(C)課題番号15K04274 研究課題名「戦時下における小学校児童の結核病、寄生虫病、眼病対策」
学会活動 日本体育学会、北海道体育学会、教育史学会、日本教育学会
社会貢献 北海道教育委員会体力向上先導的総合実践事業アドバイザー
受賞 なし
コメント
コメント 森づくりを細々と続けます
お知らせ