名寄市立大学

学部・学科


トップ > 学部・学科 > 保健福祉学部 > 看護学科

看護学科

「人間」「社会」「健康」「看護」を 総合的に捉える
ことのできる看護職を養成します

看護学科が求める学生像
 看護学科では、医療機関や行政機関など保健・医療
の第一線で活躍する看護職の育成を目指しています。
 したがって看護学科では、「看護のあり方を幅広い
視野で探求するとともに、地域社会への関心をもち、
自ら学びを深める姿勢をもつ学生」を求めています。

看護学科の教育目標

看護学科の定員・取得学位・取得可能資格

看護師
 看護とは、社会生活を営む人間である個人、家族、
集団、コミュニティを対象とし、健康の維持・増進
および疾病予防、疾病や障害を有する人々の健康の
回復を目指し、また死を迎えようとしている人々の尊
厳を大切にして支援することといえます。
 看護学科では、人々の看護に係わる多様化する
ニーズを主体的・自律的に把握し、関係する職種と
連携・協働し、保健・医療・福祉の包括的支援を含
む質の高い看護を提供できる人材を養成することを
目指します。

保健師
 保健師は、主に地域において保健指導を担う中心的
な役割を果たします。保健指導の現場では、対象者の
疾病の予防 や健康の増進をはかるために、医師、看
護師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどの医療ス
タッフや行政機関のスタッフなどと連携 することが
不可欠です。保健師の仕事は、本学が目指す保健医
療福祉の連携を体現するものであると言えます。


[0]トップへ
Copyright © 名寄市立大学