トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会福祉学科 > 枦山 茂樹

枦山 茂樹

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 枦山 茂樹(はぜやま しげき)
所属・職位 保健福祉学部社会福祉学科・准教授
最終学歴 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学
学位 修士(法学)
免許・資格
連絡先 TEL:01654-2-4194 (1307)
E-mail: hazeyama@nayoro.ac.jpg
(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:1号館3階「1307研究室」
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 公法学(憲法、国際人権法など)
主な担当科目 社会福祉学科:「法学(日本国憲法を含む)」「子どもの権利」
社会保育学科:「子どもの権利」
全学科:「人権と法」
教職課程:「教育法概論」
教養教育:「日本国憲法」「基礎演習」
主な研究テーマ 1. 憲法と国際法の関係 (日本法での条約の地位、合衆国対外関係法、その他)
2. 国際人権法の国内実施
研究キーワード 憲法と条約、国際法と国内法の関係、条約の国内適用、子どもの権利条約と教育法
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 枦山茂樹「合衆国憲法下の条約と法律 ――連邦三権の機能論」工藤達朗ほか編『憲法学の創造的展開 戸波江二先生古稀記念』(信山社) 2017年、647-669頁
2.枦山茂樹「校則と裁判」「所持品検査」「信教の自由と学校」「日の丸・君が代問題」姉崎洋一ほか編『ガイドブック教育法 新訂版』(三省堂) 2015年、186-187頁:190-191頁:204-205頁:234-235頁
3. 枦山茂樹「条約に対する憲法の優位性:合衆国と日本」 熊本学園大学経済論集 21巻1-2号、 2015年、129-144頁
4. 枦山茂樹「条約の自動執行性と権力分立論」熊本学園大学経済論集20巻1-4号、2014年、41-58頁
詳しい業績は下記のresearchmapを参照してください。
researchmap https://researchmap.jp/read0129713
外部獲得資金
(最近5年間)
学会活動 1. 日本公法学会 (2005年~現在)
2. 国際人権法学会 (2004年~現在)
3. 全国憲法研究会 (2001年~現在)
4. 憲法理論研究会 (2001年~現在)
社会貢献 <委員会>
名寄市上下水道事業経営審議会 委員(2021年~現在)
<講演>
「日本経済社会の現状と課題」 (熊本県警察学校、2015年)
コメント
コメント 専門分野以外にも裾野を広げましょう。それも、かけ離れているほどいい。
わたくしは法学徒でありながら、近年はインド哲学に関心を寄せています。
お知らせ