トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会福祉学科 > 榊原 次郎

榊原 次郎

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 榊原 次郎(さかきばら じろう)
所属・職位 保健福祉学部社会福祉学科・准教授
最終学歴 ルーテル学院大学大学院総合人間学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
兵庫県立大学大学院経営研究科経営専門職医療マネジメント専攻(MBA)課程修了
学位 修士(社会福祉学・ヘルスケアマネジメント)
免許・資格 社会福祉士免許(第18208号)、介護支援専門員実務研修終了(第6926号)
連絡先 連絡先 TEL:01654-2-4194(内線1304)
E-mail: jsakakibara@nayoro.ac.jpg(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:1号館3階「1304研究室」
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 医療ソーシャルワーク、ソーシャルワークの理論と方法
主な担当科目 社会福祉学科:医療福祉論、ソーシャルワーク論、ソーシャルワーク演習、実習指導
主な研究テーマ 1. 病院・診療所や地域におけるに医療ソーシャルワークに関する実践的研究
2. ソーシャルワーカーの予防的支援に関する基礎的研究
研究キーワード 医療ソーシャルワーク、診療所などの一次医療におけるソーシャルワーク、予防的ソーシャルワーク
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 榊原次郎,コロナ禍における診療所ソーシャルワーカーの取り組み-地域を基盤としたソーシャルワークの特質に焦点をあてて-,医療と福祉,2021:108:34-40
2. 榊原次郎他, 最新社会福祉士養成講座5「保健医療と福祉:在宅医療における支援」,一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟編集,中央法規,2021:188-194
3. 榊原次郎他, 医療ソーシャルワーカーのストレスマネジメント-やりがいをもって仕事をするために-,中央法規,2020:126-150
4. 榊原次郎, 回復期リハビリテーション病棟におけるソーシャルハイリスクのある患者特性分析と患者支援,医療社会福祉研究,2019:27:51-64
5. 榊原次郎他, 保健・医療・福祉専門職のためのスーパービジョン-支援の質を高める手法の理論と実際,ミネルヴァ書房,2018:49-57
外部獲得資金
(最近5年間)
1. 厚生労働科学研究費補助金循環器疾患・糖尿病生活習慣病対策総合研究事業「循環器病に関する適切な情報提供・相談支援のための方策と体制等の効果的な展開に向けた研究」
学会活動 1. 日本社会福祉学会正会員 (2020年 ~現在)
2. 日本保健医療社会福祉学会正会員 (2018年~現在、編集委員:2020年〜現在)
3. 埼玉県医療社会事業協会会員(1996年~現在、理事:2009年〜現在)
4. 日本医療ソーシャルワーカー協会会員(1996年~現在、 調査研究部委員:2010年~現在)
社会貢献 <社会活動など>
埼玉県立大学入間西・入間東地域専門職連携推進会議議長(2014年〜2020年)
回復期リハビリテーション病棟協会ソーシャルワーカー委員会委員(2006年〜2020年)
<講演など>
コロナ禍でつながる病院・診療所と地域との入退院支援のあり方~コロナ禍における診療所で働くソーシャルワーカーの取り組み~, 沖縄県入退院支援連携デザイン事業(2022年2月, 沖縄県)
対人援助職に求められる調査・研究の基礎知識-日ごろの実践を整理して、見える化するために必要なこと-, 神奈川県厚木病院協会(2021年12月, 神奈川県)
受賞 なし
コメント
コメント 26年間病院でのソーシャルワーカーだけではなく、診療所やケアマネジャーとして地域の中で実践をしてきました。理論と現場実践をつなげられるよう努力いたします。
お知らせ