トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会保育学科 > 糸田 尚史

糸田 尚史

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 糸田 尚史(いとだ ひさし)
所属・職位 保健福祉学部社会保育学科 教授
最終学歴 岩手県立大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士後期課程満期退学
学位 修士(社会福祉学)(岩手県立大学)
免許・資格 日本心理学会認定心理士(第35545号),中学校教諭1級普通免許(社会),高等学校教諭2級普通免許(社会),昭和56年度北海道職員採用上級試験(社会福祉職)合格
連絡先 TEL:01654-2-4199(3302),FAX:01654-3-3354(大学事務局)
E-mail:itochan@nayoro.ac.jpg(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:3号館3階「糸田研究室」
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 臨床児童心理学,心理検査法,フィールドワーク,専門職連携 / 連携教育,行動科学
主な担当科目 保健福祉学部:心理学,地域との協働,保健医療福祉連携論.
栄養学科:教育心理学.
看護学科(保健師課程):対象別保健指導論.
社会福祉学科:障害児の病理と心理,知的障害心理・生理・病理,教育心理学.
社会保育学科:子ども家庭支援の社会・心理学,子ども教育心理学,子ども理解と教育相談,保育内容・人間関係.教職・保育実践演習.
主な研究テーマ 地域の子どもの心理発達相談・検査法,神経発達症児への心理的支援,専門職連携教育
研究キーワード 知能・発達検査,WPPSI-Ⅲ,KABC-Ⅱ,発達障害,児童家庭支援センター,IPW/IPE
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 糸田尚史.ビジュアルなグラフィックなどによる「心理学」教育の試みと効果.社会保育実践研究.2020.第4巻.27-36
2.糸田尚史.集中講義「精神保健」へのアクティブラーニングの導入と教育心理学的成果.社会保育実践研究.2019.第3巻.47-54
3.糸田尚史,玉重詠子,細江達郎.「ライフ・ヒストリーと語り」の教育心理.岩手フィールドワークモノグラフ.2018.第20号.27-35.
4.糸田尚史,細江達郎,細越久美子.個人的ドキュメントとフィールドワークを併用した保育者教育.岩手フィールドワークモノグラフ.2017.第19号.21-36
5.糸田尚史,野中紀鷹,船木はるか,村上奈津季ほか.定住自立圏を主なフィールドとしたIPW / IPEのためのグループワーク教育.地域と住民.2016.第34号.73-84
外部獲得資金
(最近5年間)
なし
学会活動 日本心理学会,日本子ども家庭福祉学会,心理科学研究会,北海道心理学会,北海道児童青年精神保健学会,東北・北海道フィールドワーク社会心理学研究会,現代行動科学会(理事),北海道子ども学会(理事),北海道乳幼児療育研究会(理事),北海道公衆衛生学会(評議員)
社会貢献 <委員会など>
名寄地域子ども発達支援推進連絡協議会療育部会長,名寄市教育支援委員会委員,美深子ども家庭支援センターこども心理士(非常勤),留萌市保健福祉センター発達相談員(遊び方教室講師),北海道専門里親認定研修講師.
<講演など>
子どもの心とことばを育む遊び,新任保健師等育成支援事業 (2020年3月,中頓別町).手遊びと心の成長,教員免許状更新講習(2020年1月,旭川市).児童家庭支援センターにおける心理発達相談,名寄市立大学保健師研修会(2019年12月,名寄市).子どもの発達に関する脳科学・心理学等における最新の知見(特別支援教育に関するものを含む),教員免許状更新講習(2019年11月,札幌市).子育ての発達心理学,北海道静内高等学校大学体験講義(2019年11月,静内町).保育・福祉・栄養・看護と心理学,北海高等学校出前授業(2019年11月,札幌市).子育て絵日記に学ぶ乳幼児家庭の発達心理学,夢ナビライブ(2019年10月,仙台市).こどもの心の発達とあそび,子育てセミナー(2019年9月,滝上町).障がいのある子への支援,名寄市ファミリーサポートセンター会員講習会(2019年9月,名寄市).子どもの心の発達とその問題.枝幸町ファミリーサポートセンター会員講習会(2019年8月,枝幸町).親子で楽しめる手遊び歌の心理学.名寄市地域子育て支援センター講座(2019年8月,名寄市).親子で楽しめる遊び・絵本と子どもの発達,西興部村子育て支援教室(2019年3月,西興部村).虐待の予防と対応,虐待の事例分析.保育士等キャリアアップ研修 保護者支援・子育て支援研究会(2019年2月,旭川市)
受賞 岩手県立大学社会福祉学会奨励賞(2011年3月)
コメント
コメント 児童相談所(旭川・帯広・稚内・釧路)や心身障害者総合相談所(札幌)で心理判定員・地域活動福祉司・判定課長などをしてきました。現在も研究・教育に加え教育支援委員会(名寄)や子ども家庭支援センター(美深)で心理職として地域の子ども家庭の心理学的な相談・検査・支援に関わっています。学生のみなさんとは心理学実験・心理検査・心理映画・絵本・手遊び歌・ロールプレイング・即興劇・フィールドワークなどによる学びを実践しています。また、枝幸・浜頓別・中頓別・西興部など同じ定住自立圏を構成する市町村どうしの専門職連携(IPW)/ 連携教育(IPE)にも力を入れています。
お知らせ