トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員研究・表彰一覧 > 宮﨑 理 講師(社会福祉学科 )が学術論文「現代社会における多次元的レイシズムを捉える視座:反レイシズム・ソーシャルワークの知見を手がかりに」を発表しました。

宮﨑 理 講師(社会福祉学科 )が学術論文「現代社会における多次元的レイシズムを捉える視座:反レイシズム・ソーシャルワークの知見を手がかりに」を発表しました。

業績概要

論文・書籍等の区分  論文
本学執筆者

宮﨑 理

論文・書籍名

現代社会における多次元的レイシズムを捉える視座:反レイシズム・ソーシャルワークの知見を手がかりに

著者名(著者一覧)  
搭載誌名・出版社名

『関係性の教育学』(関係性の教育学会)

刊号・掲載ページ等

Vol. 18 No. 1

内容要旨

 『関係性の教育学』は「関係性の教育学会」が刊行する学会誌である。本稿は、2018 年 6月3日に大東文化会館にて開催された学会大会で発表・討議した課題研究「現代社会とカジュアル・ヘイト:『埼玉朝鮮学校補助金再開を求める市民アクションの』報告と考察を通して」において、コメンテーターを務めた筆者のコメント原稿をもとに寄稿したものである。
 筆者は、渡辺雅之(大東文化大学)と金理花(東京外国語大学大学院)の報告から浮き彫りになった「上からの」「官による」民族差別と日常に潜在化した差別意識に根ざすカジュアル・ヘイトの共犯関係が、異なる次元のレイシズムが相互共鳴することで構築されたダイナミックな抑圧構造、すなわち多次元的レイシズムによって生み出されているものとして捉え返すことが可能であることを指摘した。そして、そうした視座の先に構想される対抗と克服に向けた分野横断的な研究と多元的な実践への展望、さらにはその必然性について言及した。
 なお、本研究は、JSPA科研費補助金(「日本への導入を目指した反レイシズム・ソーシャルワーク実践モデルの開発的研究」18K12970、代表:宮﨑理)の助成を受けたものである。 本稿は、以下にて閲覧可能である。
https://epajapan.jimdo.com/学会誌journal/2019-vol18/

お知らせ