トップ > 附属機関 > コミュニティケア教育研究センター > センター事業 > 2019年度 > 2019(令和元)年度 なよろ子ども支援プロジェクト 子ども食堂『だだちゃ』、子ども学習支援『もっちもち』開催のお知らせ

2019(令和元)年度 なよろ子ども支援プロジェクト 子ども食堂『だだちゃ』、子ども学習支援『もっちもち』開催のお知らせ

 名寄市立大学コミュニティケア教育研究センターでは、2019年度(令和元)年度 なよろ子ども支援プロジェクト 子ども食堂『だだちゃ』、子ども学習支援『もっちもち』を開催します。

 子ども食堂とは、子ども達に無料や安価で食事を提供する取り組みで、様々な形で全国に広まっています。

 今年度は4月に発足した名寄市立大学こども食堂サークル(サークル長・社会保育学科3年秋山さくらさん)が、企画・運営に協力しています。あわせて、子ども達の学習活動への支援や安心して過ごせる居場所の提供(子どもの居場所『すぴか』も行っていきます。

 開催日ごとに各小中学校を通じてお知らせをいたしますので、お友だちを誘って、気楽にご参加ください。 

 

第3回、終了しました

 今年度3回目の子ども食堂は、子ども達は10時頃から少しずつ集まり始めました。勉強場所は“ゆるゆる”“もくもく”“超もくもく”の3つに分け、自分の好きなスペースで勉強です。

 お昼のメニューは学生が考えてくれた名寄市内の鈴木ビビッドファームさんの豚肉を使った豚の生姜焼き、味噌汁とご飯でした。豚肉を提供していただいたホクレンの担当の方から豚肉についての説明やなぞなぞ、生産者の鈴木さん、メニューを考えた学生からお話をしていただきました。食後はそれぞれ帰るまでの時間を、学生と一緒に遊んで過ごしていました。

第3回、こども支援プロジェクトを開催します

日時:12月7日(土)10時~14時
場所:名寄市民文化センター
(名寄市西13条南4丁目/01654-2-2218)

クリックするとPDFで開きます

 

第2回、終了しました

 今年度2回目の子ども食堂は、子ども達は10時前には集まり始め、“ゆるゆるスペース”と“もくもくスペース”と“もっともくもくスペース”の3つから、自分の好きなスペースで勉強しました。

 お昼のメニューは学生が考えてくれた名寄市内の鈴木ビビッドファームさんのはちみつチャーシューと3色野菜のナムル、かぼちゃの素揚げ、中華風スープとわかめご飯でした。はちみつチャーシューを提供していただいたホクレンの担当の方から豚肉についての説明やクイズ、生産者の鈴木さんにもお話をしていただきました。食後は、それぞれ帰るまでの時間を学生と一緒に遊んで過ごしていました。

第2回、こども支援プロジェクトを開催します

日時:10月26日(土)10時~14時
場所:名寄市民文化センター
(名寄市西13条南4丁目/01654-2-2218)

第2回こども食堂

クリックするとPDFで開きます

 

第1回、終了しました

 今年度1回目の子ども食堂は、暑さが落ち着いた夏休み後半の開催となりました。子ども達は10時前には集まり始め、
勉強場所の“ゆるゆるスペース”と“もくもくスペース”から、自分の好きなスペースで勉強です。

 お昼のメニューはカレーライスと中華風サラダ、フルーツポンチで、学生たちと一緒に談話しながら食べていました。

 食後は、勉強する子、遊ぶ子とそれぞれ帰るまでの時間を学生と一緒に過ごしていました。

第1回、こども支援プロジェクトを開催します

日時:8月10日(土)10時~14時
場所:名寄市民文化センター
(名寄市西13条南4丁目/01654-2-2218)

子ども支援プロジェクト

クリックするとPDFで開きます

お知らせ