トップ > 学部・学科 > 保健福祉学部 > 看護学科 > 看護学科卒業生からのメッセージ

看護学科卒業生からのメッセージ

佐々木(旧姓 阿部) 実優里 さん (北海道函館中部高等学校出身) 平成30年度卒業生
社会医療法人 鳩仁会 札幌中央病院 看護師

 看護学科を卒業し、札幌中央病院の循環器内科・心臓血管外科・ICUの併設病棟に勤務しています。看護師として働くことができていることに嬉しさを感じています。まだ、知識・経験・技術において努力が必要だと感じることは多いですが、温かい環境の中で日々邁進することができています。また、嬉しいことを分かち合い、つらいことを乗り越えられる最高の同期にも出会うことができました。

 私は大学に入学した時から手術室やICUで働くことを目指していました。講義・実習・演習は大変なことも多くありましたが、サポートしてくれる教員や同期の仲間に支えられて乗り越えることができました。この経験は、今の仕事にとても役立っている実感があります。卒業後はそれぞれ違う場所で働いていますが、支え合った仲間は今でも大切な存在です。私が大切にしている「どんなときでも、患者さんや一緒に働く方々にやさしい気持ちを持って接する」姿勢を忘れず努力していきたいです。

岡崎 美樹 さん(北海道旭川西高等学校出身)平成29年度卒業生
東京都立松沢病院 看護師

 看護学科を卒業し、精神科専門病院の東京都立松沢病院に勤めています。私は、男性の急性期や処遇困難者の受け入れを行う部署に配属されています。患者さんは刺激に弱く、状態が不安定であることに加え、治療抵抗性の高さ、ケースワークの難航など、対応が難しく高いコミュニケーションスキルが必要とされます。多くの職種が連携し、それぞれの視点や知識を駆使して患者さんの治療、心と居場所のサポートにあたっています。

 大学生活を経て自分にとって大きな糧となったのは、絆であると感じています。少人数制という特性から、人と人との距離が非常に近いように感じました。看護学科だけではなく、他学科の同期や先輩後輩、教員、そして地域の人とのつながりも深いと感じました。卒業してしばらく経ちましたが、大学時代の友人たちとのつながりは続いており、それぞれの道に進んでからもお互いを励まし合い、切磋琢磨できる貴重な存在となっています。これからもこの絆を心の支えに多くの患者さんと出会い、日々精進していきたいと思います。

吉川 亜希 さん(北海道名寄高等学校出身) 平成30年度卒業生
名寄市立総合病院 看護師

 看護学科を卒業し、名寄市立総合病院3階東病棟に勤務しています。3階東病棟は、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、眼科の混合病棟です。さまざまな病態の患者さんがいるため勉強の日々ですが、先輩や同期に支えられ充実した毎日を過ごしています。わからないことばかりで悔しい思いをすることもありますが、患者さんが笑顔で帰られる姿や「ありがとう」と言っていただけた時にやりがいを実感します。

 私は、名寄市出身で地元に就職したいという思いが強くあり、名寄市立大学に入学しました。入学前には想像がつかないほど大変なこともありましたが、同級生と励まし合い、先生方に支えられて乗り越えられました。

 また、連携教育で他学科の学生や地域の方とかかわり、連携や協働の大切さを学びました。看護の現場でも医師、薬剤師、栄養士などさまざまな職種と仕事をする機会があります。大学で連携教育について学べたことは私にとって大きな強みになっています。これからも、大学で学んだことを大切にし、地元に貢献できる看護師になれるよう頑張りたいです。

kusano

稲村 美緒 さん(北海道釧路湖陵高等学校出身) 平成31年度卒業生
国家公務員共済組合連合会三宿病院 看護師

 看護学科を卒業し、国家公務員共済組合連合会三宿病院の3階東病棟に勤務しています。3階東病棟は脳卒中センターであり高度急性期病棟です。脳卒中は早期の離床が大切になるため病棟内に理学療法室や作業療法室があり、様々な職種と連携して医療サービスを提供しています。

私は働き始めて間もないですが、患者さん1人1人症状や麻痺の重さなどが異なるため、個別性を大事に看護ができるよう心がけています。また、その中で回復していく様子をみるとより良い看護を提供したいと感じます。

大学生活では、名寄だからこそ経験できることや培うことの出来る絆があり、入学して良かったと思っています。職場の同期から話を聞くと、名寄では様々な経験をさせてもらっていたことを感じることができました。そして大学時代の友人は、相談し合える大切な存在となっています。これからも大学生活で培ってきたものを大切にしつつ自分の理想の看護師に近づけるよう頑張っていきたいと思います。

田口 広大 さん (北海道北見北斗高校出身)平成30年度卒業
岩見沢保健所健康推進課健康支援係

 看護学科を卒業し、保健師として岩見沢保健所で勤務しています。保健所では精神疾患や難病をもつ方々の個別支援の他、感染症予防に関する業務など行っています。地域の関係機関と連携・協働することもあり、多職種と関わる機会が多い仕事でもあります。訪問支援や相談対応の場面では、自身の勉強不足や未熟さを痛感することもありますが、プリセプターや上司の方々に支えられながら日々研鑽しています。

 名寄市立大学の魅力は、大学にいる人同士の距離の近さにあると思います。少人数教育により学生同士はもちろん、先生方とも交流する機会が多くあり、先生方には、就職についての相談や国家試験対策で手厚くサポートをしていただきました。学生同士では、連携教育やサークル活動を通して学科や学年に関係なく交流し、少人数でも充実した学生生活を送ることができました。大学では初めての一人暮らしでしたが、学生同士の距離が近く、困った時に助け合える環境だったのは、とても心強かったです。

 名寄は決して大きなまちではありませんが、その分、地域や人同士の繋がりを感じられる所だと思います。実際に実習や講義、そして大学生活で、たくさんの地域の方々に支えられていることを感じました。名寄市立大学では、こうした地域との関わり方についても学ぶことのできる環境があります。日々仕事の中で地域を見る視点が大切だと感じています、学生の頃に地域のことを学べて良かったと思っています。

庄司 美有 さん (北海道浜頓別高校出身)平成30年度卒業
猿払村役場保健福祉課健康推進係

 看護学科を卒業し、猿払村保健福祉総合センターに勤務しています。私は乳幼児健診や母親学級などの母子保健業務を担当しています。また、担当地区の家庭訪問や健康相談なども行っています。地域住民のもつ多様なニーズや健康課題を支援する保健師の仕事に難しさを感じますが、優しい先輩方と同期に支えられながら業務に取り組むことができています。また、地域住民の笑顔が日々の活力となっています。

 私は入学時から人々の健康を支える保健師になることを目指し、大学4年間を過ごしました。実習やレポート、試験などで忙しく大変なこともありましたが、たくさんの友人と先生方に支えられて乗り越えることができ、卒業後も私を支えてくれる大切な存在となっています。私はまだ働き始めたばかりですが、地域住民一人ひとりと真摯に向き合い、健康で幸せな生活を手助けできる存在になれるよう努力していきたいと思います。

hoshi

星 春香 さん(北海道登別明日中等教育学校出身)平成31年度卒業生
苫小牧市健康こども部健康支援課(苫小牧市子育て世代包括支援センター)

 看護学科を卒業し、苫小牧市健康こども部健康支援課の保健師として勤務しています。私は、新生児訪問や乳幼児健診など主に母子を対象とした支援をしています。子どもの成長を一緒に見守り、支えられる仕事に喜びを感じ、健やかな日常づくりのお手伝いができればと思いながら毎日過ごしています。

名寄市立大学は、学生同士の距離が近く、自分のことを素直に話し合える仲間ができました。また、授業を通して、地域のつながりを身近に感じながら学ぶことができました。この経験があったからこそ、私は、地域の方々とのかかわりを大切にし、生活を支えることのできる保健師という職業に誇りを持っています。今後は、大学で学んだことを大切にして、尊敬する先輩方のもとでさらに成長していきたいと思っています。

渡邊 未夕 さん(北海道北見北斗高校出身)平成30年度卒業生
高知大学 大学院看護学専攻 実践助産学課程

 看護学科を卒業し、高知大学大学院看護学専攻実践助産学課程で学んでいます。講義や技術演習、課題などに追われる毎日ですが、新しいことを学ぶことができ、とても充実した日々を送っています。また、看護研究、看護管理、助産学を深く学ぶ中で、名寄市立大学で学んだことの重要性を強く感じています。 大学生活4年間の中で辛いと感じることもありましたが、その中で得ることのできた学びは宝物だと感じます。特に臨地実習では、それぞれの視点で深い専門性を学ぶことができ、多角的な視点を持って考えることの重要性を理解することができました。
 また、辛い時に共に支え合った仲間は一生の宝物です。たくさんの方に支えられ、現在も学び続けることができることに深く感謝しています。将来は、関わる方々の健康と幸せを一番に願い、活躍できる人材になりたいと考えています。そのために、名寄市立大学の4年間の学びを大切にし、多角的な視点を待った助産師になれるよう日々努力しています。

中塚 真実 さん(岩手県立久慈高等学校出身)平成30年度卒業生
茨城県立中央看護専門学校助産学科

 看護学科を卒業し、茨城県立中央看護専門学校助産学科に進学しました。1年間で助産師としての知識・技術を身に付けなければならないため、講義や演習、課題、これから始まる実習の準備で多忙の毎日ですが、クラスメイトや教員に恵まれて、楽しく意欲的に学習しています。この恵まれた環境の中で学ばせていただいていることに感謝し、一歩ずつ着実に前進していきたいと思っています。

 私が助産師を目指したきっかけは、地元に女性が安心して出産できる環境がないことを知り、いつか地元で女性が安心して出産・育児ができる環境を作りたいと思ったことでした。名寄市立大学に入学してからもその気持ちは変わっていませんでした。さまざまな理由から、何度も進学を諦めそうになりましたが、友人や教員の方々に支えられたことで、今も目標に向かって前に進むことができています。まだまだ夢の途中ではありますが、助産師として社会に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

miura

三浦 萌里 さん(北海道中標津高等学校出身)平成31年度卒業生
敦賀市立看護大学助産学専攻科 進学

看護学科を卒業し、敦賀市立看護大学助産学専攻科に進学しました。講義や実技演習に加えて、課題も多く、とても忙しいですが、同じ夢を持つクラスメイトと支えあいながら充実した日々を過ごしています。進学後も、大学時代の友人や先生方に悩みを聞いてもらえたことで、辛いことも乗り越えられています。

名寄市立大学は、同期だけでなく、先輩後輩・先生方との距離が近く、とても温かい大学だと思います。看護を学ぶ4年間は楽しいことばかりではありませんでしたが、恵まれた環境と仲間のおかげで、沢山の学びを得ることができました。名寄で得たものは、今、中学生の時からの夢である助産師になるための活力となっています。産婦さんが「楽しい、また子どもを産みたい」と思えるお産を経験するためのサポートができる助産師になれるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

お知らせ