トップ > トピックス > 平成28年度 > 子どもの食堂、子どもの学習支援の近況報告

子どもの食堂、子どもの学習支援の近況報告

 名寄市立大学社会福祉学科の松岡研究室では、食や学習を通じで健全な子どもたちの成長を支えるため、こどもの居場所・こども食堂・こどもの学習支援を開催してきました。子ども食堂「だだちゃ」では、これまでに延べ100人の子どもたちが参加。子どもの学習支援「もっちもち」・子どもの居場所「すぴか」では、これまでに延べ50人の子どもたちが参加していただきました。

学習支援の様子(名寄市文化センター)

学習支援の様子(ふうれん地域交流センター)

 これまでの取り組みとして「だだちゃ」では、子どもたちから「とても楽しかった!また行きたい!」や保護者からも子どもが「楽しみにしている」などの声が聞こえ、「もっちもち」では、真剣に勉強する子どもたちの姿が見られ、時には保護者から大学生ボランティアへ子どもの進路についての相談などもありました。

 開催を増すごとに子どもたちの参加が増え、少しずつ、この活動が地域に浸透してきているように思われボランティアメンバーや関係者で大変、喜んでおります。運営面で至らない点もあると思いますが、あたたかく皆様に見守っていただければと思っております。

 

 今後は、これまでの取り組み活動などを少しずつ、ホームページでアップしていきたいと思います。今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

 

名寄市立大学松岡研究室

松岡 是伸

忘れ物情報

〇文房具の「定規」

〇くまさんのキャラクターがついたピンクの手袋

〇因 唯斗くんが、学校の図書館から借りていた青い「どらえもんの本」を探しています。お心当たりのある方はご連絡ください。

お知らせ