トップ > トピックス > 平成28年度 > 保健福祉学部栄養学科主催 「ポジデビアプローチ」特別講義開催のお知らせ

保健福祉学部栄養学科主催 「ポジデビアプローチ」特別講義開催のお知らせ

ポジデビアプローチ
接続可能なコミュニティアクションのために

 

 ポジティブ・デビエンスとは、 貧困や病気、偏見など厳しい環境のもとでも 優れた工夫や実践を通じて活きいきと健康に生活している 人々を、同じ境遇にある当事者同士が見つけ、一緒に解決策 を探るアプローチです。

東京大学大学院医学研究所 国際地域保健学教室HPより

日程

日時: 平成28年5月31日(火)
    14:50~16:20

場所: 名寄市立大学本館321教室

講師: 東京大学大学院医学系研究科
    国際地域保健学教室  教授 神馬 征峰 先生

浜松医科大学卒。卒後、飛騨高山赤十字病院、国立公衆衛生院、
ハーバード公衆衛生大学院を経た後、1994年から2年間、ガザ
地区WHO事務所所長。1996年から5年間、国際協力事業団・
日本医師会によるネパール学校地域保護保健プロジェクト・チーム
リーダー。その後「武見フェロー」として、ハーバード大で国際保健
研究を終え、2002年7月より日本をベースに活動。紛争国や南
アジアでの生活経験をもとに、国際保健研究・教育に従事。
また日本では、公衆衛生院時代よりながらくヘルスプロモーション
研究に従事。

お知らせ