トップ > トピックス > 平成26年度 > 第19回 道北の地域振興を考える講演会が開催されました。

第19回 道北の地域振興を考える講演会が開催されました。

 「道北の地域振興を考える講演会」は、1997年に発足した「道北の地域振興を考える研究会」の主催により同年度に第1回を開催し、今年度で第19回目となります。今年度は、稚内北星学園大学、ならびに北海道おといねっぷ美術工芸高等学校を対象に、道北地域社会における教育機関の役割というテーマで講演会を行いました。

第19回 道北の地域振興を考える講演会

日 時 2015年3月19日(木)14:00〜17:00
場 所 名寄市立大学本館2階・321教室(名寄市西2条北8丁目)

稚内北星学園大学・学長 

第1講演 佐々木 政憲 氏(稚内北星学園大学・学長)

 演題:地域に根ざし、地域に学び、地域を創造する大学
       ─稚内北星学園大学の取り組み─

音威子府村長

第2講演 佐近 勝 氏(音威子府村長) 

演題:おといねっぷ高校の歩みと創造力を育む芸術教育

総合討論

主催 道北の地域振興を考える研究会(会長:神沼 公三郎)
共催 名寄市立大学道北地域研究所
後援 テッシ・オ・ペッ賑わい創出協議会(会長:加藤 剛士(名寄市長))

※本事業は、道北の地域振興を考える研究会と名寄市立大学道北地域研究所による連携事業の一環として実施されます。また、本事業は(一社)北海道開発技術センター、ならびに(一財)北海道河川財団、(一財)石狩川振興財団による事業費支援を受けています。

お知らせ