トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会保育学科 > 瀬戸口 裕二

瀬戸口 裕二

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 瀬戸口 裕二(せとぐち ゆうじ)
所属・職位 保健福祉学部社会保育学科/短期大学部児童学科
教授
最終学歴 横浜国立大学大学院教育研究科修了
学位 修士(教育学)
免許・資格 小学校教諭1種免許(昭五六小一普第一五四七号)

養護学校専修免許(平四養学専修第一〇二八号)

学校心理士(第51760号)
連絡先 TEL:01654-2-4194(内線1301)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: seto@nayoro.ac.jpg(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地: 新館3階1301
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 障害科学、障害児教育学、認知神経心理学
主な担当科目 社会福祉学科:卒業研究、社会保育学科:専門基礎演習、障害児支援の基礎理論、    全学:医療保健福祉連携論
主な研究テーマ 1. 特別支援教育地域体制整備
2. 認知特性の評価と指導法開発
研究キーワード 特別支援教育、発達障害、自閉症、心理アセスメント、認知促進プログラム、授業改善
主な著書・論文
(最近5年間)
1. 瀬戸口裕二:「優生保護法下で生まれたハンセン病患者の子どもたち-その人物史的考察のための予備的研究-」.単著、名寄市立大学社会福祉学科研究紀要創刊号,pp23~pp34 ,2012
2. 小林宏編著「学校における心の危機対応ハンドブック」金子書房2012、分担執筆
3.自閉症スペクトラム児の不安に対する指導支援,共同執筆、名寄市立大学紀要第9巻,pp61~pp68,2014
4.就労移行支援事業所におけるジョブコーチのノウハウを活用した就労準備プログラムの開発、道北地域研究所年報、pp67~pp72,2016
外部獲得資金
(最近5年間)
学会活動 1. 日本特殊教育学会正会員(1991年~現在)
2. 日本学校心理学会正会員(2002年~現在)
3. 日本LD学会正会員(2003年~現在)
社会貢献 <委員会など>
名寄市特別支援教育連携協議会会長(2010年~現在)
名寄市総合療育センター運営委員会委員長(2010年~現在)
名寄市特別支援教育専門家チーム委員 (2010年~現在)
NPO法人「なよろ地方職親会」理事
名寄市総合計画推進委員(2012年~現在)
社会福祉法人「名寄陽だまりの会」理事(2014年~現在)
<講演など>
神奈川県特別支援学校教頭会研修会講師(2011年)
北海道教育委員会10年経験者研修会講師(2011年)
厚生労働省認可「ジョブコーチ養成講座」講師(2012年~現在)
名寄市立大学免許法認定公開講座講師 (2012年~現在)
筑波大学附属大塚特別支援学校研究協議会助言(2012年)
鹿児島大学附属養護学校研究協議会助言(2012年)
名寄市特別支援教育担当者、初転任者研修講師(2013年)
名寄市特別支援教育管理職者研修講師(2013年)
鹿児島県「インクルーシブ教育推進事業」助言(2013年)
北海道紋別養護学校授業研究継続助言(2013年)
上川北部教育研究会特別支援教育講演(2013年)
筑波大学附属久里浜特別支援学校研究助言(2014年)
北海道特別支援教育学会オホーツク支部研修会講師(2015)
放課後児童支援員北海道認定資格研修講師(2015)
受賞 なし
コメント
コメント 障がいを多角的に見つめていくと、「ひと」の成り立ちや社会の成り立ちを考えていくことが可能になると思っています。「あたりまえ」について考えるいい機会ともなります。
 そんな理解に基づいた仕事ができる自分を想像すると、少し意欲がわいてきます。
「子どもと家族を支える」をキーワードとして、議論してみませんか。
お知らせ