トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員総覧 > 社会保育学科 > 小尾 晴美

小尾 晴美

氏名、所属・職位など
氏名(ふりがな) 小尾 晴美(おび はるみ)
所属・職位 保健福祉学部社会保育学科/短期大学部児童学科 講師
最終学歴 中央大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
学位 博士(経済学)(中央大学)
免許・資格
連絡先 TEL:01654-2-4199(3304)
FAX: 01654-3-3354
E-mail: obi-harumi@nayoro.ac.jpg
(メールを送る際には.jpgを.jpに変更して下さい)
研究室所在地:本館3階
研究キーワード、主な著書・論文など
専門分野 社会政策論、労務管理論
主な担当科目 保育経営論、保育システム論、子ども家庭福祉Ⅰ、家庭支援論、保育者論
主な研究テーマ 1.保育士の労働実態と労働条件向上の研究
2.非正規雇用労働者の労働問題
研究キーワード 保育者/職場集団/技能形成・人材育成/職務分析/非正規雇用
主な著書・論文
(最近5年間)
1.小尾晴美「公立保育所における非正規労働者の諸類型と労働条件の特徴―東京都練馬区における実態調査をもとに―」経済学論纂(中央大学)第53巻第2号、2013年、pp. 89-106
2.小尾晴美「第3章システム設計の工夫 第9節身体的技能 10節判断力と計画力」「第4章職務評価からの提案と分析 第2節4職場の詳細分析 4「保育園」、遠藤公嗣編『同一価値労働同一賃金をめざす職務評価』旬報社、2013年、pp.65-69、pp.92-95
3.小尾晴美「地方自治体のおける非正規化の現状と非正規職員の処遇の実態」「パートタイム公務員と派遣労働」、黒田兼一・小越洋之助編『公務員改革と自治体職員-NPMの源流・イギリスと日本』、自治体研究社pp.101-119、pp.130-132
4.小尾晴美「保育労働の変質が保育にもたらすもの-正規・非正規職員の職務内容分析から-」『現代と保育』第89号、2014年、pp. 21-37
5.博士論文:「非正規雇用化が進行する認可保育所における職場集団の構造と機能」2015  
 年
6.小尾晴美「職務内容から見る保育士の知識と技能」、鷲谷徹編『変化の中の国民生活と社会政策の課題』中央大学経済研究所国民生活問題研究部会・研究叢書、2015年、pp.259-290
7.小尾晴美「保育所における保育労働者の職務内容と知識・技能習得過程」、垣内国光編『日本の保育労働者』ひとなる書房、2015年、pp.134-161
8.小尾晴美「非正規保育者の雇用と労働の現実」、垣内国光・高橋光幸・小尾晴美監修・非正規保育労働者実態調査委員会編著『私たち非正規保育者です』かもがわ出版、2015年、pp.24-59
外部獲得資金
(最近5年間)
なし
学会活動 社会政策学会会員(2009~現在)
日本労働社会学会会員(2013~現在)
日本保育学会会員(2014~現在)
社会貢献 なし
受賞 なし
コメント
コメント 保育者の労働現場を改善するために研究に取り組んできました。子どもに質の高い保育を保障するためにも、保育者の働きやすい労働環境の整備が重要だと思っています。現代の日本社会の構造がどのようになっていて、保育をめぐる社会問題がどうして起こっているのか、みなさんと一緒に学んでいきたいと思っています。
お知らせ