トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員研究・表彰一覧 > 淺井論文の「流れ」に関する一試論(関朋昭)

淺井論文の「流れ」に関する一試論(関朋昭)

業績概要

論文・書籍等の区分 論文
本学執筆者 関朋昭
論文・書籍名 淺井論文の「流れ」に関する一試論
著者名(著者一覧) 関朋昭
搭載誌名・出版社名 北海道体育学研究
刊号・掲載ページ等 2012年12月、第47号、pp.21-28
内容要旨  淺井論文は、スポーツでみられる「流れ」という現象に焦点を絞ったものである。
スポーツ観戦において実況を行うマスメディアの解説者、または選手や指導者な
どは、自身の経験上で、淺井論文が云う「流れ」を少なからず体験していることが
あると推察する。しかし、その「流れ」とは一体どのような現象であるのか言語化
し説明することは実は難しい。
本論文は、淺井論文を批判的に検討することより「流れ」の試論を展開した。その
結果、「すべての(スポーツの)『流れ』は意識への還元作用」であるという命題を
提出することができた。この反証可能性のある命題を提出したことにより、淺井論
文が少なからず混乱していた部分をクリアにした。
 尚、本論文における「流れ」という語彙の意味合いは、基本的にスポーツの現象
で語られる「流れ」である。しかし、本論文の議論は、スポーツ現象を超えた普遍
性を意識したものでもある。
お知らせ