トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員研究・表彰一覧 > 高等学校における学校経営からみる運動部活動の再考論(関朋昭)

高等学校における学校経営からみる運動部活動の再考論(関朋昭)

業績概要

論文・書籍等の区分 論文
本学執筆者 関朋昭
論文・書籍名 高等学校における学校経営からみる運動部活動の再考論
著者名(著者一覧) 関朋昭
搭載誌名・出版社名 日本高校教育学会年報
学事出版
刊号・掲載ページ等 第18号(2011年7月) pp.36-45
内容要旨  部活動は学校教育上において多くの問題点を孕んでいる。あくまでも部活動は
教育課程「外」の存在であるため、無理矢理に学校教育の中で装置化する必要
性がない。にもかかわらず、「学校には部活動がある」という誰もが学校生活を過
ごしてきた上での経験則的立場にあるため、「部活動がない学校」という学校が
現実的に存在するのであろうか、という認識をもつことが出来なかった。
 本研究の目的は、部活動の再考論を提示することである。そのため,従来の先
行研究よりも独自性に富む「強い」議論展開が求められるべきであろうと考えた。
そこで、本研究の要諦な制約条件は、「部活動がない学校」の実在が鍵であった。
その制約条件となる事例を渉猟したところ、射程域と捉える学校と巡りあうことが
できた。その貴重な学校事例を史観的に分析しながら検証したものである。
お知らせ