トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員研究・表彰一覧 > Influence of Spectator Density and Stadium Arrangement on Home Games in the J. League(関朋昭)

Influence of Spectator Density and Stadium Arrangement on Home Games in the J. League(関朋昭)

業績概要

論文・書籍等の区分 論文
本学執筆者 関朋昭
論文・書籍名 Influence of Spectator Density and Stadium Arrangement
on Home Games in the J. League
著者名(著者一覧) Tomoaki Seki
搭載誌名・出版社名 Football Science(Japanese Society of Science and Football)
刊号・掲載ページ等 Vol.8, 16-25, 2011
内容要旨  プロスポーツにおいて、ホームゲームは有利であることは広く知られている。
ホームアドバンテージの存在である。しかし、この点についての研究は少なく、
特に日本のプロスポーツに関しては研究が進んでいない。そこで本研究では、
Jリーグにおいて「集客率」と「総観戦者数」がホームゲームでの競技成績に
与える影響を検証した。
 集客率とホーム有利性との関連は、J1とJ2の5年間(2002-2006シーズン
)のデータより統計分析を行った。さらに、チームパフォーマンスとスタジアム
使用パターンを分類化し統計分析した。その結果、ホームスタジアムを1つに
固定した方が必ずしも集客率が高いとは言えず、逆に複数のスタジアムを併
用し高い集客率を得ているクラブも存在した。そして、集客率がホームアドバ
ンテージに必ずしも影響を与えるものではないことも明らかになった。これらの
結果をもとに、Jクラブ経営の方向性、そして今後の研究の可能性を論じたも
のである。
お知らせ