トップ > 教育研究・地域貢献 > 教員研究・表彰一覧 > 関 朋昭 准教授(教養教育部)が書籍「スポーツと勝利至上主義 -日本の学校スポーツのルーツ-」を刊行しました。

関 朋昭 准教授(教養教育部)が書籍「スポーツと勝利至上主義 -日本の学校スポーツのルーツ-」を刊行しました。

業績概要

論文・書籍等の区分 書籍
本学執筆者 関 朋昭
論文・書籍名 スポーツと勝利至上主義 
-日本の学校スポーツのルーツ-
著者名(著者一覧) 関 朋昭
搭載誌名・出版社名 ナカニシヤ出版
ISBN:9784779509438
刊号・掲載ページ等 2015年4月20日
A5・168頁
内容要旨  「勝利至上主義」は悪いことなのか? 勝敗の関係なくしてスポーツを楽しめるものなのか? 日本の学校スポーツのありかたを考える。
 世界的にみても非常に珍しい日本の学校スポーツは、どのように制度化し、維持されてきたのか、その構造に迫る。競争・勝利の獲得が絶対条件であるはずのスポーツにおいて、「勝利至上主義」が批判され続けてきたが、改めて原理的な視点からスポーツを吟味しつつ、日本の学校スポーツが向かうべき今後の途を説いた。比較制度分析の立場から、先行研究を批判的に考察し、新たなインプリケーションを提出した。
お知らせ