トップ > ポータルサイト > インタビュー・メッセージ > 学生インタビュー

学生インタビュー

栄養学科4年生 佐久間亜衣さん(新潟県立新潟中央高校出身)

栄養学科の学生

 私は、小さいころから食べ物に関することが大好きで、日頃から食事の支度や買い物を手伝っていました。そして、次第に食べ物に含まれるエネルギー量や食品が持つ機能性について興味を持ち、それに関する簡単な書籍を読むようになりました。このように私は、幼い頃から食品や調理をすることに興味を持っていたことから、将来は食に関わる道に進みたいと考えていました。そこで、管理栄養士養成施設に指定されている本学に進学しようと決めました。

 大学の講義では、食品に関わることや栄養素の代謝に関わること、そしてライフステージに合わせた食事の管理および健康や食事に関わる政策などについて幅広く学びます。管理栄養士のイメージは、献立を立てて調理する仕事のように思われがちですが、管理栄養士の役割は多岐に及びます。名寄市立大学のカリキュラムは、栄養管理に関わる総合力を身につけるために、調理以外にも様々な方向から学びを深めることができます。

 また、名寄市立大学ではサークル活動やアルバイトなど新しい経験をすることができます。私は大学に入学してから初めて茶道サークルに所属しました。中学や高校では他の部活を行っていましたが、これほど夢中になったサークル活動は初めてでした。アルバイトも大学生から始めました。勉強との両立は大変ですが、そのような環境の中で効率的に時間を使うことやお客様への対応など、社会で生きていく上で必要なスキルを学ぶことができました。

看護学科4年生 近藤百恵さん(北海道旭川商業高校出身)

看護学科の学生

 私は、医療関係者である母が幼いころからの憧れでした。母は、地元の小さな病院に勤務しており、母と病院を訪れる患者さんは、まるで家族のような温かい関係を築いていました。私は、母の姿を見ながら「私も医療に携わり、患者さんに信頼されるような人になりたい。そして、私が今までお世話になった地域の医療に貢献できる看護師として働きたい」と思いました。名寄市立大学を志望した大きな理由は、私が目指す地域医療について学ぶ環境が整っていること、また看護師になると必ず関わりを持つ他の職種(管理栄養士や社会福祉士)の特徴や、それら職種との連携のあり方について学ぶことができるためです。
 看護に関する勉強は、膨大な量の知識を身に付けなければならないイメージがありますが、大学で学ぶことは看護に関する知識だけではありません。私は、実習を通じて仲間と看護チームを形成し、連携することにより様々な課題を乗り越えることができ、これによりチームとしてお互いを信頼し目標に向かう大切さを学びました。また、患者さんやその家族が抱いている気持ちと看護師として向き合うことの難しさなど、座学だけでは決して学ぶことができない経験もしました。
 名寄市立大学では、地域の方との交流や他学科の学生との授業があり、その中で、どのような看護師が地域あるいは他職種にとって必要とされているのかについて考えることができます。特に、専門性が高い授業が増える3年生の後期では、3学科連携の授業はお互いよい刺激となり、学ぶことが多くあります。看護の実習中に、管理栄養士やソーシャルワーカーの方々と関わる機会があり、名寄市立大学の連携教育の中で学んでいることが、将来自分が看護師になったときに必ず活かすことができると実感できました。

社会福祉学科4年生 秋田谷悠実花さん(北海道枝幸高校出身)

社会福祉学科の学生

 私が社会福祉学科を目指した理由は、私のこれまでの生活の中で、困難な状況に至った時に、多くの人に助けられたからです。私は、生活に困難を感じている方や現在の生活から次のステップへの後押しを必要としている方に対する支援ができる専門職になりたいと考えています。私は、このような夢の実現のために、名寄市立大学に入学しました。
 社会福祉学科の専門科目では、福祉を利用する人の生活や権利を保護するために、高齢者などに関する法律やその特性について学びます。また、利用者との面接において必要となる技術についても学びます。さらに、演習では、実際の事例について考え、支援や指導の計画を立てる実践的な学習を行います。3年次の学外実習では、学内で学んだ地域福祉について実際の現場を見て深く学ぶことができました。このほかにカリキュラムには、将来的に職場においてスムーズな連携ができるように、3学科(栄養学科・看護学科・社会福祉学科)横断的な連携教育科目が設定されており、連携が必要とされる現場における社会福祉士のあり方について広い視野を身につけることができました。
 大学生活は、本当に楽しいです。名寄市は冬が寒い町ですが、それは決して悪いことではなく、友人の家でお鍋を囲む機会が増えるなど深い人付き合いができます。また名寄市は、「大学を中心とした町作り」を掲げており、そのため市民の方々は大学生のことをとても大切にしてくれます。私は、家庭教師やコンビニ、居酒屋などのアルバイトを経験しました。そのたびに、町の人々は大変優しく接してくださいました。
 こういった毎日を楽しく過ごすことができるのは友人など周りの人のおかげであると実感する機会が多いです。この町で得た経験を将来の対人援助に活かしていきたいと思います。

児童学科2年生 吉田萌華さん(旭川実業高校出身)

児童学科の学生

 私は、子どもの頃から自分より年下の子と関わることが好きで、その気持ちは成長するにつれて強くなり、将来的に子どもに関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。中学生や高校生の頃に実際の保育の現場を体験する機会があり、私の保育士や幼稚園教諭に対する憧れはいっそう強くなりました。私の夢を実現する進路について悩んでいた頃に、高校の先生より名寄市立大学短期大学部の紹介を受けて、オープンキャンパスに参加しました。その中で、私が幼児教育の大切な要素として考えている「外遊び」について大学カリキュラムの中で重視されていることがわかり、この大学で学びたいと思いました。また、「外遊び」を子どもに伝える教育者として様々な体験ができる自然に恵まれた環境も、名寄市立大学短期大学部に進学を決意する後押しとなりました。
 大学の講義では、子どもに関わる専門職の知識として重要な子どもの発達や発育の過程、さらに社会福祉や障害児保育の学習を通じて現在の子どもを取り巻く環境について学んでいます。また、児童学科の講義は大学外で行われることも多く、体育ではキャンプ、環境の講義では川釣りや山菜採りを行いました。このような体験は、自然豊かな名寄市だからこそできると思います。
 短期大学部であるために、日々の講義数は多く設定されています。そのため講義により帰宅が遅くなることや、レポートやピアノの課題が多く大変なときもあります。しかし、児童学科では少人数のゼミナール制(学生6-7名に対して教員1名)を取り入れており、困ったときや悩んだときに先生や友達に相談しやすい環境が整っています。このような環境の中で、私は友達とお互いに支え合う関係を築くことで毎日楽しく充実した日々を送っています。

お知らせ