トップ > 附属機関 > 図書館 > 名寄市立大学図書館の理念と目標

名寄市立大学図書館の理念と目標

名寄市立大学図書館は、以下の理念に基づき、目標を実現するために運営しています。

名寄市立大学図書館の理念

 名寄市立大学図書館は、学術情報基盤を支えるため学術情報・資料、学術研究の成果等を広く収集し、快適な利用環境のもとで学生、教職員及び地域に提供する。蓄積した知的情報資源を活用することにより、地域社会との連携と協力をさらに深め、同時に国内外からのニーズにも対応することを重視することにより、学生の自律的な学習を支援し、人材育成、教育および学術研究の進展に貢献することを使命とする。

名寄市立大学図書館の目標

  1.  学生の自律的な学習活動および高度な専門的職業人育成を支援するため、授業と連携した基本的な学習用図書や人間形成に必要な教養書を充実する。
  2. 学術情報基盤として快適な利用環境を整備し、学習、教育および教育活動を支える。
  3. 学術資料の系統的かつ計画的収集に加え、情報環境の高度化・国際化に対応した学術情報の提供を促進する。
  4.  学術情報の有効活用と利用者サービスを強化するため、利用者支援の充実を図る。
  5. ネットワーク等を通じて、研究成果の集積、発信を積極的に推進する。
  6. 開かれた大学図書館として、地域社会との連携及び協力を強化するとともに、地域の生涯学習活動を支援する。