トップ > 附属機関 > 図書館 > 利用案内 > 学内利用者利用方法

学内利用者利用方法

開館時間

午前9時~午後9時

※夏・冬・春期休業期間は午前9時~午後7時

休館日

土・日曜日、祝祭日
年末年始(12月31日~1月5日)

 ※開館時間の変更、臨時休館については、その都度掲示またはホームページでお知らせいたします。

貸出し冊数と貸出し期間

  

資料の種類

貸出数・期間

本学教員

本学学生

図書・雑誌

貸出冊数

10冊以内

10冊以内

図書貸出期間

4週間以内

2週間以内

雑誌貸出期間

1週間以内

視聴覚資料

貸出点数

3点以内

貸出期間

1週間以内

 

 継続貸出し

1冊の図書につき1度だけ(2週間以内)「継続貸出し」ができます。 
該当する本を持参して、延長手続き を行ってください(継続する図書に予約がなく、手続きをする本人に延滞がない場合に限ります)。

予約受付

現在貸し出されている本の予約をすることができます。
同じ本に予約が集中した場合は、学内利用者を優先し、学外利用者は受付順に貸出しをいたします。 貴重図書、館長が指定した特定の図書、参考図書(事典、辞典、年鑑、統計、白書、法令集、図書目録など)、新聞、逐次刊行物(雑誌)の最新号は貸出しできません

学生の皆様へ

  • 貸出しの手続きには学生証(兼図書館貸出し証)が必要です。
    本と学生証をカウンターにお持ちください。
  • 貸出し手続きは、必ず本人が行ってください。
    学生証、借用した本等のまた貸しは絶対に行わないでください。

教職員の皆様へ

貸出しの手続き時に本をカウンターにお持ちいただき、確認のためお名前を申し出てください。

返却

借用した本を返却する場合は、ご面倒でも借り出した館へ返却するようお願いいたします。

  • 「本館」で本を借りた → 「本館」へ返却
  • 「分館」で本を借りた → 「分館」へ返却
  • 「研究室」で本を借りた → 「研究室」へ返却

    閉館時は、それぞれの図書館前の返却ポストに本をいれてください

コピー機の利用について

  • 館内にある資料のコピーにご利用ください。コピーカード(有料)をご利用ください(事務局前自動販売機で購入できます)。

  • 著作権許諾の範囲内でご利用ください。著作権法第31条により図書館内設置の文献複写用コピー機は、図書館資料以外の複写が禁止されております。

  • 外部からの資料を持ち込んでのコピーは、ご遠慮ください。

図書館利用上の注意

閲覧室では、飲食禁止です。 (ペットボトルなど、「蓋のできる入れ物の飲料のみ」持ち込めるコーナーがあります)

携帯電話は、マナーモードにしましょう。

お互いにマナーに気をつけましょう。

資料の探し方

本学図書館は、日本十進分類法(NDC)の体系によって分類、配列されています。
コンピュータ目録(OPAC)で図書を検索することができます。

レファレンス・サービス

図書の探し方や、わからないことがありましたら、調べて資料を提供いたします。

相互貸借

当図書館に所蔵していない図書を他の図書館から借りて提供いたします。

文献複写

当図書館に所蔵していない図書の文献を他の図書館から取り寄せて提供いたします(有料)。