トップ > 附属機関 > 道北地域研究所 > 道北地域研究所 規程

道北地域研究所 規程

名寄市立大学道北地域研究所規程

(設置)

第1条 名寄市立大学学則第8条及び名寄市立大学短期大学部学則第37条の3に基づき、名寄市立大学・名寄市立大学短期大学部(以下「本学」という。)に道北地域研究所(以下「研究所」という。)を置く。

(名称)

第2条 研究所の正式名称を名寄市立大学道北地域研究所とする。

2 研究所の英文名称を「Nayoro City University : Northern Hokkaido Regional Research Institute」とする。

(目的)

第3条 研究所は、本学教員と有機的な関係を維持しつつ、北海道、とくに道北地域における保健・医療・福祉・教育・文化の充実・発展及び産業経済の振興に寄与する研究を行うことを目的とする。

(事業)

第4条 研究所は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 地域課題に関する共同及び個人の研究の推進

(2) 地域における産官学連携の推進

(3) 公的機関及び民間からの委託研究の受入れと実施

(4) 資料及び情報の収集と提供

(5) 公開講座及び各種研究会の開催

(6) 研究所年報の発行

(7) その他研究所の目的達成のために必要な事業

(組織)

第5条 名寄市立大学学則第15条及び名寄市立大学短期大学部学則第37条の4に基づき、研究所に所長を置く。

2 所長は、名寄市立大学学長(以下「学長」という。)の推薦により、評議員会の議を経て名寄市長が任命する。

3 所長は研究所を代表し、その運営を統括する。

4 所長の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

第6条 研究所に次長1名を置く。

2 次長は、所長の推薦により、学長が任命する。

3 次長は、所長を補佐し、所長に事故あるときはこれを代理する。

4 次長の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第7条 研究所に研究員を置く。

2 研究員は、本学の教員で学長から委嘱を受けた者とする。

第8条 研究所に特任研究員を置くことができる。

2 特任研究員は、名寄市職員又は学外の研究者で学長から委嘱を受けた者とする。

第9条 研究所に評議員会を置く。

2 評議員は本学の専任教員全員とする。

3 評議員会の議長は学長とする。

4 評議員会は原則として年2回開催し、次の事項を審議する。

(1) 事業報告

(2) 事業計画

(3) 研究所長候補者、研究員、特任研究員、企画委員及び諮問会議委員の承認

(4) その他研究所の運営に関する重要事項

5 研究所長の要請によって、臨時の評議員会を開催することができる。

第10条 研究所に研究員会議を置く。

2 研究員会議は、研究所長、研究所次長、研究員全員で構成する。特任研究員は研究員会議に出席し、意見を述べることができる。

3 研究員会議は、研究所の運営に関わる事項を審議する。

第11条 研究所に企画委員会を置く。

2 企画委員は各学科及び教養教育部から推薦され、評議員会で承認された委員若干名で構成する。

3 企画委員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

4 企画委員会は、研究員会議への提案事項を審議するとともに、研究所の日常的業務を処理する。

第12条 事業計画の推進のため、研究所に必要に応じてプロジェクト組織を置くことができる。

第13条 研究所に事務を担当する職員を置く。

(諮問会議)

第14条 研究所に諮問会議を置く。

2 諮問会議は、研究所の事業報告及び事業計画に関し意見を述べ、助言・提言することができる。

3 諮問会議は、道北地域における地方自治体、保健・医療・福祉・教育・文化の各団体、商工団体、農林業団体、消費者団体、報道機関等の中から、学長が委嘱した委員によって構成する。

4 諮問会議は、原則として年1回開催する。

5 諮問会議に議長を置く。議長は諮問会議構成員の互選によって決定する。

(その他)

第15条 この規程の改廃は、評議員会出席者の3分の2以上の賛成によって行い、本学の教授会の承認を得るものとする。

第16条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、学長が別に定める。

附則
1 この規程は平成20年5月7日から施行する。
2 名寄市立大学道北地域研究所規程(昭和57年4月1日施行、平成20年4月1日最終改正)は廃止する。
3 この規程は平成21年4月17日から施行する(平成21年3月17日改正)。
4 この規程は平成22年4月1日から施行する(平成22年2月3日改正)。

お知らせ