トップ > 附属機関 > 道北地域研究所

道北地域研究所

 道北地域研究所は、名寄市立大学・名寄市立大学短期大学部に設置された、大学と地域を学術研究面で結ぶ機関です。研究所は、北海道、とくに道北地域における保健・医療・福祉・教育・文化の充実・発展及び産業経済の振興に寄与する研究を行うことを目的としています。

 地域に開かれた研究機関ですので、研究面での相談があれば、ご遠慮なく下記までご一報ください。専門研究者の紹介・斡旋を含め、可能な範囲で協力いたします。

道北地域研究所組織・概要

 道北地域研究所は昭和57年(1982年)、名寄市立大学の前身である名寄女子短期大学の時代に設置されました。以降、地域課題に関する共同及び個人研究の推進、資料・情報の収集と提供、関係機関との連携・交流、各種研究会・研修会の開催、研究所年報の発刊などを行なってきましたが、名寄市立大学の開学(平成18年)にともない、道北地域研究所には新たな役割が加わりました。

 それは、名寄市立大学の建学理念の一つである「保健・医療・福祉の連携と協働」の実現に向けた保健・医療・福祉にかかわる複合的共同研究の実施、過疎や高齢化が進行した地域を対象とする研究成果の地域還元、地域への実践的な学術支援の推進です。なお、道北地域研究所は平成20年度に組織改編を行い、企画委員会を中心とした活動を行っています。

道北地域研究所組織図

道北地域研究所組織図

道北地域研究所の事業

  1. 地域課題に関する共同及び個人の研究の推進
  2. 地域における産官学連携の推進
  3. 公的機関及び民間からの委託研究の受入れと実施
  4. 資料及び情報の収集と提供
  5. 公開講座及び各種研究会の開催
  6. 研究所年報の発行
  7. その他研究所の目的達成のために必要な事業

お問い合わせ

所在地

配置図

〒096-8641
名寄市西4条北8丁目 名寄市立大学恵陵館1階

TEL・FAX・E-mail

TEL 01654-2-4194 内線2101
FAX 01654-3-3354
E-mail chiken@nayoro.ac.jp (迷惑メール保防止のため、@を全角にしています。半角に変更して送信してください)