トップ > 附属機関 > 国際交流センター > 国際交流センター委員紹介

国際交流センター委員紹介

Martin Meadows(教養教育部)

メドウズ

 国際交流とは、世界に向けて心を開き、世界の中で自分の位置を見出すことです。私たちみんなを結びつけるものを発見してはじめて、お互いを隔てる(人為的に行われることもしばしばありますが)ものを受け入れ、それを乗り越えることができます。国際交流はひとつの鏡です。 その鏡を通して、他者が何であるかだけでなく、自分が何者であるかをも深く理解することができます。そして、そうすることが、本当の世界平和に向けて何ができるかを知ることにつながるのです。大学時代は留学に最適の時代であると思います。そのチャンスを作る為に、気軽に声をかけてください。


International exchange means finding your place in the world by opening your heart to it. Discovering the things that bind us all together allows us to accept and overcome the things that separate us, often artificially, from one another. International exchange is a mirror through which we gain a deeper understanding of our own identities as well as those of others, and thus realize the possibilities for true world peace. Taking apart in an international exchange or going abroad in your university days is a life-changing experience that is easier to accomplish now than later. Grab that chance!

段 亜梅(看護学科)

段


你好!

 中国出身で、標準中国語(北京語)も話せます。
以前、自分が留学生だった時に、多くの日本人の方に助けていただきました。その経験を生かし、またその感謝の気持ちを込めて、日本の皆様の海外への留学・研究および国際交流にお役に立てるように頑張りたいと思っています。

お役に立てること

  1. 標準中国語(サークルOK)
  2. 中国に関する社会・制度・教育・国民の生活等事情の紹介
  3. 中国の大学への短期・長期の語学留学先の紹介
  4. 中国の看護・医療・福祉等教育機関や施設の状況紹介および見学訪問(一部)
  5. 医療・看護・福祉専門用中国語
  6. 中華料理・中国茶・太極拳に関すること

 国際交流の意義には、相手を知ること、自分を知ること、協同学習によって発展させることがあります。また、国際交流は実践であるので、実践しなければ本当の国際交流の意味は実感として分かりません。しかし実際に交流するとなれば多くの困難があります。言葉の問題、テーマの問題、コーディネータの問題、文化の違いの問題など様々です。そんな時には、私たちに気軽に声をかけてください。

请让我来帮助你,就象帮助我自己,这世界会变得更美丽!
让我们一起来加油!

下坂 彩(栄養学科)

長谷部 佳子(看護学科)

小尾 晴美(社会保育学科)

小古間 甚一(教養教育部)

お知らせ