トップ > 学生生活・就職進路 > 学生活動・サークル活動・キャンパスライフ > ボランティア活動・地域活動

ボランティア活動・地域活動

ボランティア

学生地域活動

名寄市立大学の学生は、サークル活動や、自主的なグループ活動の中で、地域を豊かにするさまざまな活動に取り組んでいます。

SOサークル

知的障害のある人とともに、スポーツを通じて
自立や社会参加をともに目指す
「SO(スペシャルオリンピックス)サークル」の取組み

商店街あそびのひろば

名寄市の商店街と連携して、子どもたちが店舗などで
遊ぶことのできる場を提供する「商店街あそびのひろば」で、
読み聞かせを行う児童学科の学生たち

特別支援教育学生支援員

名寄市立大学では、名寄市教育委員会と「特別支援教育に関する共同研究」を取り交わし、学生が市内の小中学校で、支援の必要な子どもたちへのサポートや、放課後学力向上事業で先生となって、子どもたちの学習の手助けを行っています。


この事業は単位化されており、3年生では保健福祉学部の「フィールドグループワーク」の中で取り組まれており、「フィールドグループワーク」を履修することで単位を取得することもできます(3年生以外の学生も、ボランティア参加として多く取り組んでいます)。

北海道教育委員会学生ボランティアバンク・学習サポート事業

北海道教育委員会が行うボランティア登録に多くの学生が登録し、各地域での野外学習活動や、夏休み・冬休みなどの子どもたちの学習サポート活動を行っています。
この取組みは名寄市だけではなく、名寄市周辺や、学生の帰省時に実家のある地域で取り組むこともできるのが特徴です。

詳しくは北海道教育委員会子ども地域支援グループのホームページをご覧ください。

お知らせ