トップ > 学部・学科 > 短期大学部 > 児童学科 > 資格・免許

資格・免許

資格・免許

 児童学科の卒業生は「子育て」の専門家として、「保育者」である保育所保育士や幼稚園教諭だけではなく、児童を対象にした社会福祉施設の職員や、幅広い福祉を学んだ者として一般の公務員や福祉系大学への進学など、特性を活かした幅広い分野で活躍しています。

保育士・幼稚園教諭の仕事

  •  「保育者」である保育士・幼稚園教諭は、子どもという「ひと」に対してケアを行う専門職といえます。未発達な子どもたちに基本的な生活習慣を身につけさせたり、心身の発達をサポートするなどが主な仕事といえます。一方で、社会の変化や、これまで見過ごされてきた子どもの変化に対する「気づき」から、「保育者」を取り囲む環境も大きく変化し、保護者への対応や、発達障害を持つ子どもへのケア、また地域への関わりなど、多くの新たな課題に対応するために、幅広い視野と能力が求められます。本学では、学生の皆さんがこのような新たな課題に対応できる「保育者」となれるよう、教職員が一つになって取り組んでいます。

社会福祉施設の仕事

  •  児童学科では、とりわけ子どもを取り巻く社会福祉施設の職員としてキャリアを積んでいく卒業生も多くいます。児童養護施設で障害児を対象とする療育センターや、保育士や指導などとして子どもたちと関わっていきます。これらの施設を利用する子どもたちは、さまざまな事情を抱えており、それぞれの特徴に応じて現場で活躍できるよう、実習を含めて学生時代から将来に向けて対応できるようなカリキュラムを設定しています。また、福祉領域に関する科目についても、保健福祉学部の社会福祉学科で開講される専門科目を受講することができ、将来の福祉分野での実践力を高めることが可能です。

公務員の仕事、進学

  •  公務員試験に合格し、行政職として活躍することも可能です。公務員として活躍するにあたって、本学で得た「ひと」に対するケアの視点は、視野を広く持つ上で貴重なものです。また、主に福祉系大学への編入実績も多数有り、本学で設定している福祉系科目については、保健福祉学部の講義を受けることが可能ですので、将来の福祉系資格の取得や、進学にあたっても単位の認定上有利に扱われるなど、高度な専門教育を受講することが可能です。
お知らせ