トップ > 学部・学科 > 保健福祉学部 > 社会保育学科 > 卒業後の進路

卒業後の進路

卒業後の進路

 平成32年3月に初めての卒業生を送り出す予定であるため、実績は提示できませんが、近年の短期大学部の卒業生の状況から想定します。
 就職率は8年連続で100%です。その内職種では保育園・幼稚園・認定こども園に就職が85%を超えています。正規採用も98%を占めます。

主な就職先

  • 公立保育所(札幌市・釧路市・帯広市・苫小牧市・北見市・名寄市・士別市等)
  • 公立幼稚園(小平町等)
  • 認定こども園(公立・私立)
  • 私立保育所(道内・道外各地)
  • 私立幼稚園(道内・道外各地)
  • 社会福祉施設(児童養護施設、乳児院、障害児入所施設等)
  • 学童保育
  • 公務員行政職(北見市・士別市・釧路町・中標津町等)
  • 一般企業

就職・進路支援活動

  • 心強いサポート体制
     大学全体のキャリア形成支援を専任スタッフがサポートするキャリア支援センター、そして社会保育学科のまとめ役としての就職進路委員が、学生を支援します。
  • 少人数教育をいかした、きめの細かい支援活動
     毎週行われるゼミナールを中心に各教員が学生対応をします。年数回の意向調査をもとに、面談を繰り返し行います。進路についてのアドバイスをします。
  • 早期からのキャリアサポート
     学生自身のキャリアイメージを明確にするため、就職内定学生による就職活動報告会、幼稚園実習報告会、保育所実習報告会、施設実習報告会を行い、早い段階から保育専門職についてのイメージを持てるようにします。
     また、早期から保育士就職模試、公務員試験対策講座、公務員模試等に取り組みます。
  • 卒業後も安心サポート
     卒業後も、本学教員が学生の実習指導にあわせて、卒業生の就職先を訪問します。実際に現場を経験する中での悩み等を受け止め、卒業後も本学出身者の成長を促します。
お知らせ