トップ > 入試案内 > 進学相談会 > 進学相談会2018 in 札幌

進学相談会2018 in 札幌

進学相談会2018in札幌 概要

相談会では、「学科説明」と「模擬授業」を実施します。

「学科説明」は4つの時間帯から、「模擬授業」は2つの時間帯から、希望する学科を組み合わせて参加できます。

学科説明

希望する学科の本学教員が名寄市立大学の特色を説明し、授業内容、就職状況、取得可能な資格、入試、学費など様々な質問にお答えします。

「(1)11時~12時」「(2)12時~13時」「(3)13時~14時」「(4)14時~15時」の、4つの時間帯で行います。

模擬授業

希望する学科の本学教員が模擬授業を行います。

「(3)13時~14時」「(4)14時~15時」の、2つの時間帯で行います。
※(3)(4)とも同じ内容の授業を行います(ご希望の時間帯にお申し込みください)。

栄養学科 『糖尿病食事療法-「ロカボ食」って?』

(担当教員:栄養学科 教授 高野 良子)

糖尿病の治療では、血糖値を良好に保つことを目的とした食事療法が大きな役割を担っています。
管理栄養士は、必要な栄養量に基づき、患者個々の生活習慣・嗜好等も加味したうえで、何からどのくらい、どうように食べるか等についてきめ細やかな食に関する援助をおこなっています。
この授業では、「糖質」の摂り方について最近注目されている「ロカボ食」に着目して考えてみたいと思います。

看護学科 『看護とは~忘れられない看護エピソードより~』

(担当教員:看護学科 教授 長谷部 佳子)

日本看護協会では、「看護の日・看護週間」事業の一環として、「忘れられない看護エピソード」を募集して、冊子として刊行していますが、今回講義を担当させて頂く私にも忘れられないエピソードがあります。
事例を通して、看護師になるためにはどんな感性や判断力、技術力が求められているのかを一緒に考えてみましょう。

社会福祉学科 『「ふつう」って何?』

(担当教員:社会福祉学科 准教授 矢口 明)

最初に発達障害についての疑似体験をした後に、障害のある人たちが感じている困難さについて具体的に説明します。
そのことを踏まえて、障害とは何か、「ふつう」とは何かということについて、参加者と一緒に考えていきます。
後半は、名寄市立大学の説明、社会福祉学科の説明のほか、社会福祉学科で取得できる資格や、卒業生の進路の状況などについて、説明します。

社会保育学科 『子どもの育ちと保育者の役割~社会保育学科で学ぶ4年間~』

(担当教員:社会保育学科 准教授 傳馬 淳一郎)

目をキラキラと輝かせた子どもたちの毎日は、ワクワクとドキドキの連続です。その子どもたちの育ちを支える保育者には、どのような専門性が求められているのでしょうか。
私たち人間は、様々なモノやヒトに出会いながら“社会”の中で育っています。保育所や幼稚園のみではなく、家庭や地域といった様々な視点から保育を学ぶ“社会保育学科”での4年間をのぞきながら、社会の中で育つ子どもたちについて、一緒に考えてみましょう。

参加申し込み【終了しました】

進学相談会2018in札幌に参加を希望される方は、事前に申し込みが必要です。
申し込みフォームより、事前申し込みをお願いします。

※希望される時間帯の人数によっては、参加時間帯を調整させて頂く場合がございます。
(その際は申込時にご入力頂いたメールアドレスまたは電話番号にご連絡差し上げます。あらかじめご了承ください)

※当日お越し頂く時間帯・部屋等の詳細について、6/27頃に案内ハガキを発送しますので、当日ご持参ください。
(6/28以降にWEB申し込みされた方は、ハガキ送付に代えてメールにて詳細を通知させて頂く場合があります)

開催日時および会場

開催地 開催日時 会場
札幌市 7月1日(日)
11:00-15:30
北海道立道民活動センター「かでる2・7」10階
(札幌市中央区北2条西7丁目)

ポスター

PDFファイルPDFファイル(422KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

進学相談会2018in札幌

(上に画像が表示されます・文字を入力します)

お問い合わせ

名寄市立大学 教務課広報入試係
TEL:01654-2-4194 FAX:01654-3-3354
〒096-8641 北海道名寄市西4条北8丁目1

お知らせ