トップ > 入試案内 > 入試過去問題 > 平成24年度 名寄市立大学 入試問題

平成24年度 名寄市立大学 入試問題

「小論文」評価の観点

本学では以下の観点から「小論文」を評価・採点しています。

1.推薦入学試験、社会人選抜試験

問1
・課題文の趣旨を理解し、設問に指定字数以内で適切に答えているか。

問2
・設問を理解し、適切な根拠や理由をもって自らの意見を述べているか。
・指定字数を守った文章であるか。
・文脈に乱れがなく、日本語の文章として正確・平明であるか。

2.一般入学試験(前期、後期)、編入学試験

・設問を理解し、適切な根拠や理由をもって自らの意見を述べているか。
・指定字数を守った文章であるか。
・文脈に乱れがなく、日本語の文章として正確・平明であるか。

※ 著作権保護のため、課題文の全文を掲載することはできません。
 小論文に関する質問がありましたら、高校または予備校の進路指導部を通して本学事務局「広報入試係」に連絡してください。
 高卒認定による受験や社会人選抜・編入学受験の場合は、直接「広報入試係」に連絡いただいてけっこうです。

平成24年度推薦入試・社会人選抜「小論文」問題


課題文: 「人はなぜ学ばなければならないのか」 齋藤孝 実業之日本社 平成23年

試験時間: 90分


次の文を読み、あとの設問に答えなさい。

課題文第1段落:「理科や数学を勉強することって、大人になってからも役にたつの?」
課題文最終段落:以上のように、すべての科目を学ぶ基礎には思考力を養うという共通点があります。頭をより高度に働かせようと思ったら、すべてが必要ということです

問1:課題文で著者が言う「学ばなければならない理由」を二百字以内で要約しなさい。

問2:「人はなぜ(幅広く)学ばなければならないのか」という問に対し、あなたが考えることを六百字以上八百字以内で述べなさい。

平成24年度一般入試前期日程「小論文」問題


課題文: 『「気」の日本人』 立川昭二 集英社 平成22年

試験時間: 90分


課題文第1段落:平成十九年、ときの安部内閣をマスコミが「KY内閣」と呼びました。「KY」とは「空気が」「読めない」のローマ字の頭文字をとった造語で、流行語にもなり、ついにはこうした頭文字でつくった短縮語のことを、「KY語」というまでになりました。
課題文最終段落:もっとも心しなければならないことは、今日の私たちが「空気を読む」ことに腐心するあまり、「その場の空気」の本質を見抜けないまま、「その場に空気」に呪縛され、「その場の空気」に流されてしまうことです。「空気」に呪縛され流されてしまうと、自分の本当の道を失うだけでなく、それが社会に関わる問題であるとすれば、戦前戦中の日本人のような大きな誤りを犯すことにもなりかねないのです。

問:「空気を読む」ということについて、あなたが考えることを八百字以上千字以内で述べなさい。

平成24年度一般入試後期日程「小論文」問題


課題文: 「これからの善意の話」 香山リカ 朝日新聞 平成23年2月14日

試験時間: 90分


次の文を読み、あとの問に答えなさい。

(課題文省略)

問:著者が紹介しているマイケル・サンデルの考えにも留意し、「タイガーマスク運動」と呼ばれるものについてあなたが考えることを、八百字以上千字以内で述べなさい。

平成24年度編入学試験「小論文」問題


課題文: 「こころの処方箋」河合隼雄 新潮文庫 平成10年

試験時間: 60分


次の文を読み、あとの設問に答えなさい。

課題文第1段落:現在の世界で、民主主義というのは一種の錦(にしき)の御旗(みはた)であろう。民主的でないという烙印(らくいん)が押されてしまうと、「悪者」にされてしまったのと同様で、社会的地位を失うことにさえつながってくる。
課題文最終段落:創造性の弱い人は、創造に使用すべき時間とエネルギーをもてあましているので、「民主主義」のためにそれを使用しているつもりで、創造的な人の足をひっぱることに全力をつくしているときもある。既に述べたように、欧米と日本とどちらがいいなどとは簡単に論じられないが、日本的民主主義の功罪について詳細に研究する必要がある、と思われるのである。

問:著者が言う日本的民主主義と欧米の民主主義の違いや各々の功罪*について、あなたが考えるこ
とを六百字以上八百字以内で述べなさい。 *功罪=有益な点と有害な点

お知らせ