トップ > 入試案内 > 入試過去問題 > 平成22年度 名寄市立大学短期大学部 入試問題

平成22年度 名寄市立大学短期大学部 入試問題

平成22年度一般入試問題

・平成23年度一般入試から制度が変わり、本学独自試験の科目は国語だけとなりますので、平成22年度一般入試選択科目の問題は掲載しません。
国語は著作権保護のため従来から掲載していません。 

「小論文」(推薦入学試験、社会人選抜)評価の観点

本学では以下の観点から「小論文」を評価・採点しています。

問1
・課題文の趣旨を理解し、設問に指定字数以内で適切に答えているか。

問2
・設問を理解し、適切な根拠や理由をもって自らの意見を述べているか。
・指定字数を守った文章であるか。
・文脈に乱れがなく、日本語の文章として正確・平明であるか。

平成22年度推薦入試・社会人選抜「小論文」問題


課題文: 『「人間力」の育て方』 堀田力 集英社新書 平成19年

試験時間: 90分


次の文章を読み、あとの設問に答えなさい。

第1段落:
 それはさておき、腰ばきの男の子のひとりに直接、私の疑問をぶつけたことがあります。「君、そんなズボンのはき方をしてて、気持ち悪くないか」と。もちろん、見ず知らずの若者ではありません。彼はいつも渋谷の雑踏のなかで居酒屋の割引チケットを配っており、散歩中の私と顔見知りになっていました。いつぞやは私が躓いて路上に資料を散乱させたことがあり、拾い集めるのを手伝ってくれました。

最終段落:
 一事が万事、こういう教育が施された子どもたちはどうなるのでしょう。おれは足が速いな」と思っていても、それはよくないことだと封印してしまいます。足が速いことを恥じる子さえ出てくるでしょう。つまり自分の個性や才能をひた隠しにしてしまうのです。


問1: 筆者の意見を二百字以内にまとめなさい。

問2: 「みんな平等」を「みんな同じ」にすることについて、あなたが考えていることを六百字以上八百字以内で述べなさい。

お知らせ