トップ > 入試案内 > 入試過去問題 > 平成21年度 名寄市立大学短期大学部 入試問題

平成21年度 名寄市立大学短期大学部 入試問題

平成21年度一般入試問題

「数学Ⅰ・数学A」PDFファイル(36KB)

「政治・経済」PDFファイル(79KB)

※ 国語、英語は著作権保護のため、掲載することはできません。

「小論文」評価の観点

本学では以下の観点から「小論文」を評価・採点しています。

問1
・課題文の趣旨を理解し、設問に指定字数以内で適切に答えているか。

問2
・設問を理解し、適切な根拠や理由をもって自らの意見を述べているか。
・指定字数を守った文章であるか。
・文脈に乱れがなく、日本語の文章として正確・平明であるか。
 

平成21年度推薦入試・社会人選抜「小論文」問題


課題文: 「思いやりの日本人」佐藤綾子 講談社現代新書 平成19年

試験時間: 90分


次の文を読み、あとの設問に答えなさい。

第1段落:「思いやり」といえば、いまでも私には忘れられない二つの文があります。
最終段落:ふたつの「頑張って」は文字に書けば同じ言葉です。それなのにひらがなしか書けない八歳の娘の「がんばって」には思いやりがあり、大の大人の私の「頑張って」にはまったく思いやりがなかった。言葉は同じ「頑張って」なのに……。(後略)

問1:文章中の傍線部のように筆者が考えるのは何故か。二百字以内で説明しなさい。 注:傍線部は、最終段落の「ひらがなしか書けない〜「頑張って」なのに」の箇所。

問2:「思いやり」ということについて、あなたが考えることを六百字以上八百字以内で述べなさい。

お知らせ